トップページ(2ページ目) | 時事速

時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。


    今日から俺は!!』(きょうからおれは)は、西森博之による日本の漫画作品である。またそれを原作にしたOVA作品及び実写作品(オリジナルビデオと劇場公開映画、テレビドラマ)。通称「今日俺」。 増刊少年サンデー(小学館)にて1988年9月号から1990年8月号まで連載、その後掲載誌を週刊少年サンデー(小
    113キロバイト (17,783 語) - 2018年12月19日 (水) 01:54



    (出典 news.nifty.com)


    今日から俺は!
    やったねー!

    1 ストラト ★ :2018/12/19(水) 11:39:07.54

    賀来賢人(29)主演で1980年代のツッパリ高校生を描いたドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)が、16日放送の最終回で視聴率12・6%を記録した。
    日曜夜10時30分の放送ながら、初回9・8%で船出し、第7話で10・6%の2桁超えを記録していた。

    「同じく最終回だったNHK大河ドラマ『西郷どん』の全47回の期間平均視聴率が約12・7%だったのと比べても“今日から”のすごさがわかる。当初は『ツッパリなんていなくなった現代の若い世代に、受け入れられるはずがない』と悲観的だった予想を覆した」とは民放ドラマ関係者だ。

    主役の賀来は栄倉奈々の夫として知られ、ヒロインにはアクションもできる清野菜名、人気の橋本環奈、乃木坂46の若月佑美。
    教師に“金八先生風”のムロツヨシなど、個性的なキャストも人気を押し上げた。
    「ヒットの要因は、原作が累計発行部数4000万部超の同名漫画なのもあるが、なにより脚本・演出が“コメディーの奇才”福田雄一監督だったのが大きい。映画『HK*仮面』『銀魂』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなど福田ファンの10代は多い」(テレビ関係者)

    ツッパリを知らない小・中・高校生に、その親、祖父母世代も昔を思い出し、子供たちに解説するという視聴スタイルも後押ししたという。

    「子供たちには短ランや長ランが新手の仮面ライダーの格好に見え、それを見た親が『昔の不良はこうだった』、祖父母は『レスカはレモンスカッシュのことよ』と教える。女子高校生はみな“聖子ちゃんカット”だから当時の松田聖子人気も教える。意外にも家族揃って見られるドラマだった。忘年会では、いい大人たちがオープニング曲『男の勲章』を歌って踊るプチブームになった」(同)

    SNSでも人気は広がり「局内ではシリーズ化、映画化は内定といわれている。ドル箱コンテンツとして大化けするかも」と日テレ内も盛り上がっている。

    (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000009-tospoweb-ent

    「今日から俺は!!」

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【朗報】日テレ「今日から俺は!!」シリーズ化&映画化へ ヒットの裏に“家族揃って”視聴スタイル】の続きを読む


    風花(こしば ふうか、1997年4月16日 - )は、日本の女優。本名、同じ。 大阪府堺市出身。オスカープロモーション所属。 2011年 11月13日、『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』でグランプリ受賞。 12月8日、オスカープロモーション恒例の晴れ着撮影会に初参加。
    88キロバイト (11,967 語) - 2018年12月11日 (火) 11:34



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)


    小芝風花

    1 湛然 ★ :2018/12/19(水) 05:23:30.71 ID:CAP_USER9.net

    小芝風花「天使の誘惑」グラビア 
    2018.12.18

     2019年1月からのNHK『トクサツガガガ』で連続ドラマ初主演も決定! 飛躍を遂げる美少女女優が最新写真集で眩しすぎるビキニ姿を披露!

    こしばふうか
    21歳 1997年4月16日生まれ 

    大阪府出身 

    2012年に女優デビューし、2014年に初主演した映画『魔女の宅急便』が話題となる。

    その後、NHK連続テレビ小説『あさが来た』など、数々のドラマ、映画などに出演。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    写真・中山雅文

    (出典 data.smart-flash.jp)


    https://smart-flash.jp/gravure/57619


    【【画像】小芝風花「天使の誘惑」】の続きを読む


    河合 奈保子(かわい なおこ、1963年7月24日 - )は、日本の女性元歌手、シンガーソングライター、女優。80年代アイドル。娘は元歌手のkaho。身長160cm。血液型はO型。 所属事務所は芸映プロダクション、レコード会社は日本コロムビアに所属していた。1980年代の歌手・アイドルの一人である。本名は「かわい
    55キロバイト (7,121 語) - 2018年11月15日 (木) 15:03



    (出典 gqjapan.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/19(水) 08:42:14.52 ID:CAP_USER9.net

    チャーミングな笑顔、グラマラスで健康的なプロポーションで80年代に活躍したアイドル河合奈保子(55)を特集した雑誌「別冊近代映画」が1冊まるごとデジタル写真集として配信されることが17日、分かった。
    第1弾の「別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3」(82年発行)は20日から配信開始され、来年2月まで計7巻が順次配信される。

    「別冊近代映画」は、当時人気アイドル誌だった「近代映画」の系列誌。
    河合を特集した「別冊近代映画」は81~86年に全7巻が発行された。「-パート3」は特に人気が高く、中古書店で4万円を超える値が付くこともあるプレミア雑誌。
    近年「週刊ポスト」(小学館)で掲載する河合の特集も人気が高いことからデジタル配信実現に至った。
    1ページごとにデジタル補正し、鮮やかさを再現した。

    河合は96年にヘアメークアーティストと結婚し、翌年出産して以降、芸能活動を休止しており、現在オーストラリア在住。デジタル写真集については快諾してくれたという。

    アイドル通で知られ、河合のヒット曲を全部歌えるという衆院議員の石破茂元防衛相(61)も大喜びだ。
    「『こんな妹がいたらいいな』と思える存在でした。古い雑誌を電子書籍のきれいな画像で見るのも趣きがありますね。
    桜田(義孝)五輪担当相もスマホを使っているくらいだから、60代の人もスマホやタブレットで、あのころの河合さんに再会できるんじゃないですか」と、皮肉も交えての絶賛コメントを寄せた。

    河合は故西城秀樹さんの妹募集オーディションに合格し、80年にシングル「大きな森の小さなお家」でデビュー。
    「スマイル・フォー・ミー」「けんかをやめて」「エスカレーション」などヒットを連発。松田聖子、三原じゅん子(柏原芳恵の場合もあり)とともに「3人娘」としても活躍。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15760721/
    2018年12月19日 8時0分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net)


    (出典 www.news-postseven.com)


    【【画像】河合奈保子よみがえる伝説ビキニ、デジタル補正復刻】の続きを読む

    このページのトップヘ