時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 吉岡里帆



    (出典 pikaribox.com)



    1 ひかり ★ :2018/07/25(水) 09:57:32.27

     24日に放送された女優・吉岡里帆(25)主演のフジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜・後9時)の
    第2回の平均視聴率が5・5%だったことが25日分かった。

     初回は7・9%でスタートし、今回は2・4ポイントダウンした。ドラマを制作する関西テレビで放送された関西地区では9・7%となった。

     2014年から「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載中の柏木ハルコさんの漫画を原作に生活保護の実態と新米ケースワーカーの
    奮闘を描く作品。福祉事務所に配属された新人公務員・義経えみる(吉岡)を主人公に、「不正受給」「就労支援」「アルコール依存症」といった
    さまざまな角度から生活保護のリアルに切り込むストーリー。

     吉岡にとって、今年1月クールに放送されたTBS系「きみが心に棲みついた」に続く2作目の主演ドラマとなる。
    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000038-sph-ent


    【【視聴率】吉岡里帆主演「健康で文化的な最低限度の生活」第2回は5・5% 初回から2・4ポイントダウン】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 名無しでいいとも! :2018/07/17(火) 18:54:52.51 ID:weWcx5m60.net

    東京都東区役所生活課の同期2人

    義経えみる(吉岡里帆) ・・・ 一般職の新人ケースワーカー
    栗橋千奈(川栄李奈)  ・・・ 福祉専門職のケースワーカー


    ※吉岡里帆さんは19:00~今夜はナゾトレにも出演


    【【テレビ】吉岡里帆 + 川栄李奈 専用 [新]健康で文化的な最低限度の生活#01【ナゾトレからの】】の続きを読む



    (出典 ddnavi.com)



    1 湛然 ★ :2018/07/01(日) 05:16:45.75 ID:CAP_USER9.net

    2018.06.30 12:59
    吉岡里帆“おとなまる子”は「ご褒美みたいなお仕事」やんちゃな幼少期エピソード披露

    女優の吉岡里帆が30日、都内で行われたトークイベントに出席した。

    吉岡里帆“おとなまる子”で登場

    原作では9歳(小学3年生)のちびまる子ちゃんが、22歳(社会人1年生)になってクルマの免許を取ったら…という架空の設定で、おとなまる子(吉岡)を中心に繰り広げられるCMシリーズに出演する吉岡。イベントにはCMで着用しているまる子の衣装で登場し「大好きなキャタクターなので、おとなまる子に戻れて嬉しいです」とニッコリ。

    また、『ちびまる子ちゃん』のアニメを毎週見ていた上に、原作の漫画も読んでいたという吉岡は、同CM出演が決まった際の心境を尋ねられると「嬉しすぎていいのかなと、ご褒美みたいなお仕事だなと思いました」と目を輝かせ、自身の子どもの頃については「自然が多いところで育ったので、お友だちと外でよく遊ぶ元気でおてんば娘でした」と意外な一面を告白。「木登りをして、ザリガニ釣りをして、本を読むことも好きだったので、今と変わらない部分もありつつですね」と語った。

    “たまちゃん”奈緒・“花輪君”竜星涼との共演振り返る

    さらに、おとなまる子を演じる上で意識したことを聞かれると「子どもまるちゃんがコミカルで、表情豊かなので、大人になったまるちゃんも、そのコミカルさと元気のよさは意識して演じました」といい、CMでは女優の奈緒演じるたまちゃんと共演しているが「たまちゃんとの撮影がすごく楽しくて、たまちゃんが本当にたまちゃんっぽくて、私もまる子らしくいられるといいますか、2人で一緒に世界観を作れてよかったなと思いました」と声を弾ませた。

    また、今後CMには花輪君も登場するそうで、一足早くお披露目されると「竜星涼さんが演じられているんですけど、花輪君の独特な話し言葉とスタイリッシュに成長した花輪君で、一緒に共演していても花輪君がそのまま大人になって、そしてよりカッコよくなった花輪君だなと思いましたね」と紹介した。

    吉岡里帆、休日の過ごし方は?

    様々な場面で活躍し多忙な吉岡だが、先日、連休があったそうで「リラックスした時間を過ごせましたね」といい、休日の過ごしたかについては「昔からですけど、美術館とかライブとか舞台など、何かを見るのが好きなので、なるべく外に出るようにしています。勉強したい気持ちもありますし、楽しい時間を過ごしたいという気持ちもありますし、吸収するために外に出るようにしています」とコメント。

    プライベートで運転することもあるそうで「地元で免許を取ってから、小さい車から始まって、地元とかでよく運転をしていました」と打ち明けた。(modelpress編集部)


    “おとなまる子”で登場した吉岡里帆 (C)モデルプレス

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    https://mdpr.jp/news/detail/1776554

    TVCM ミラ トコット 「勘違い」篇(15秒) ダイハツ公式

    (出典 Youtube)


    【【注目】吉岡里帆、22歳“おとなまる子”で登場 「ご褒美みたいなお仕事」やんちゃな幼少期エピソード披露】の続きを読む



    (出典 www.ateam-japan.com)



    1 湛然 ★ :2018/06/25(月) 05:19:22.67 ID:CAP_USER9.net

    2018.06.24 13:59
    吉岡里帆、潤んだ瞳の横顔ショットにファン釘付け「吸い込まれそうな瞳」「ドキッとした」

     女優の吉岡里帆が24日、自身のInstagramにて、潤んだ瞳の“横顔ショット”を公開し、ファンの注目を集めた。

     同投稿で吉岡は、「写真集タイトル&表紙発表!! 吉岡里帆写真集“so long” タイトルとカバーが遂に決まりました」と報告し、潤んだ瞳で大自然の風景を眺める1枚の写真を公開。「心のこもった一冊です。表紙の写真はずっと夢だったオーストラリアの気球から朝日を見ている瞬間です。一緒に旅ができるように作りました。」と表紙カットに込めた思いを明かした。

     これを受けファンからは、「胸にぐっとくるような素敵な写真ですね」「美しい瞳だ!好き!」「ウルウルEye可愛い」「吸い込まれそうな瞳です」「女神の目。天使の様な肌」「透明すぎて見えない」「和製クレオパトラ」「この世のものとは思えないすんだ瞳ですね」「ドキッとした」と絶賛の声が多数寄せられている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    おはようございます [riho_yoshioka]
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/09d0801f79751ce29dac29f7aca27eff/5*CBCA/t51.2885-15/e35/34881719_478341629264475_782083810543009792_n.jpg

    https://abematimes.com/posts/4428882


    【【悩殺】吉岡里帆、潤んだ瞳の横顔ショットにファン釘付け「吸い込まれそうな瞳」「ドキッとした」】の続きを読む



    (出典 fjmnxga.com)



    1 きゅう ★ :2018/05/01(火) 10:36:29.67 ID:CAP_USER9.net

     女優の吉岡里帆が胸の渓谷が見えている艶ショットを公開し、男性ファンから喜びの声が上がっている。

     4月25日にインスタグラムに公開された写真がそれで、オモチャの銃を構えた吉岡を捉えている。ラフな服装で胸元が大きく開いているため、渓谷のスジがしっかりと見えているのだ。

    「吉岡が銃口に息を吹きかけるポーズをしているんです。口をとがらせて銃身の先端近くに持っていっている。これが“男の銃”をおしゃぶりするシーンを思わせるとして評判なんです。よからぬ妄想を働かせて興奮している男性ファンも少なくないとか」(週刊誌記者)
     その一方で女性からは「あざとい」「話題になるのを狙ってやっているのではないか」と批判の声が上がっている。

     吉岡は以前、ウェブ媒体の対談でグラビアや写真集を否定する発言をしてバッシングを受けた。その後発言を否定したものの、完全になかったことにはできていない。

    「この写真は海外で撮られたもので、写真集の撮影のために訪れています。今回、インスタにやたらと新たな写真集の撮影の様子をアップし、このようなサービスショットを投稿しているのは、グラビア否定発言を打ち消そうとしているのではないかとファンは感じているようです。それが『あざとい』という批判につながった」(芸能記者)

     男性ファンとしては批判にめげることなく、これからも肌見せの多い写真を見せてほしいというのが本音だろう。

    (写真:パシャ)


    (出典 www.asagei.com)


    https://www.asagei.com/excerpt/103504


    【【衝撃】吉岡里帆、「渓谷のスジ」見せ画像に女性は「あざとい」批判も男たちは大興奮】の続きを読む

    このページのトップヘ