時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 高橋一生



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 黄金伝説 ★ :2018/02/26(月) 22:02:43.20 ID:CAP_USER9.net

    高橋一生の“合鍵愛”報道にファン悲鳴「生きるのしんどい」

    2月26日、高橋一生(37)と森川葵(22)の「合鍵おこもり愛」を写真週刊誌「FLASH」のWEB版が報じた。

    2月上旬のある日の午後。目深に被った黒い帽子とマスクで顔を覆い、自宅マンションからワンボックスカーに乗り込む高橋。“一人暮らし”の自宅に帰ったところ、部屋には灯りが。迎えたのは、女優の森川葵(22)だったという。

    また記事によると、森川が高橋のマンションに訪れている様子は何度も目撃されていたという。一緒に出かけることはなく、もっぱら高橋のマンションで「おこもりデート」。高橋の留守中に森川は合鍵で訪れ、その帰りを待つことがしばしばだと報じている。

    森川といえば以前、高橋に“公開告白”していた。昨年1月、自身がアシスタントを務めていた番組「A-Studio」(TBS系)に高橋が出演したときのことだ。

    始終ハイテンションの森川は「私の中では“一生様”」と発言し、「一生様大好きなんですよ!」と大興奮で語った。さらにエンディングでも「一生さん、やっぱりすごく顔が好きです。どタイプなんです!」と言い切り、パーソナリティを務める笑福亭鶴瓶(66)が「テレビでそんなこと言う女優いないで!」と諌めるほどだった。

    高橋は「好きな俳優ランキング」「恋人にしたい/結婚したい俳優ランキング」では1位を総ナメするほど、女性ファンから圧倒的に支持されている。今回のスクープを受け、Twitterにはそんなファンたちの悲痛な思いが刻まれている。

    《報道でたせいで全然勉強集中できないしお腹痛い》
    《高橋一生熱愛でメンタルが死亡》
    《生きるのしんどい》

    “高橋ショック”は、しばらく続きそうだ――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14356978/


    【【熱愛】「一生様大好き!」高橋一生と“合鍵おこもり愛”の森川葵、過去に番組で告白していた 一生ファン悲鳴「生きるのしんどい」】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 あちゃこ ★ :2018/02/26(月) 16:44:15.30

     これほどまでの「完全防備」では、誰もその正体に気づくまい。2月上旬のある日の午後、目深に被った黒い帽子とマスクで顔を覆うと、
    高橋一生(37)は自宅マンションから迎えのワンボックスカーに乗り込んだ。

     その夜である。一人暮らしの主を待っているはずの部屋には、灯りが煌々とともっていた。数時間後、仕事を終えて帰宅した高橋を迎えたのは、
    女優の森川葵(22)。

     現在、『わろてんか』出演中の高橋。「ブレイク俳優」「理想の彼氏」「結婚したい相手」ーー近年、数々の芸能人ランキングで1位を総なめにする男が
    心を許し、素顔を見せるのは、15歳年下の若手女優だった。

     森川は2010年、「ミスセブンティーン」のグランプリに輝きモデルデビューを果たした。その後、女優に転じ、映画、ドラマに多数出演している。

     本誌は高橋のマンションを訪れる森川の姿を何度も目撃している。2人が一緒に出かけることはなく、高橋の自宅マンションで「おこもりデート」が
    定番だ。そして、高橋の留守中にも森川は合鍵で訪れ、その帰りを待つことがしばしばだ。

     高橋が映画の舞台挨拶で不在だった別の日の夕方、森川は、高橋と同じように黒い帽子を被ってマンションを出ると、一人で近くのスーパーへと向かった。
    首に巻いているお気に入りのマフラーは自らの手編みだ。

     買い物を終えると、両手いっぱいの袋を提げて “帰宅”。合鍵でマンションへと入る様子は手慣れたものである――。

    ※高橋の自宅を訪れる森川の写真は27日発売号で掲載中
    (週刊FLASH 2018年3月13日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00010004-flash-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【衝撃】高橋一生が15歳年下女優と「合鍵おこもり愛」 】の続きを読む

    このページのトップヘ