(出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)



1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/03/23(金) 12:18:33.56

NHKとジャニーズ事務所がモメにモメているという何ともショッキングな情報が飛び込んできた! 

同局の有働由美子アナ(49)が朝の情報番組「あさイチ」の司会を今月いっぱいで降板することを巡り、
これを当初は知らされていなかった共同司会者のV6・井ノ原快彦(41)が激怒していた。

さらに、民放各局とは異なり、退所した元SMAPの3人を使い続けるNHKにジャニーズ事務所が不快感を示しているという。
このままでは、今年の紅白歌合戦のキャスティングにも影響する可能性があり、両者の間に不穏な空気が流れている。

コトの発端は、2010年の放送開始から「あさイチ」の司会を務めてきた有働アナの降板が決まったことだった。
NHKは2月6日、同アナと井ノ原が一緒に降板すると発表している。

形の上では2人の同時降板となるが、事情は全く異なる。有働アナの降板を当初、井ノ原は知らされていなかったという。

「井ノ原が有働アナの降板を知ったのは、新聞の先行報道だったんです。あの穏やかなイノッチが『寝耳に水だ!』と激怒したんですよ。
8年にわたってタッグを組んできましたから、無理もないでしょう。有働アナは恩人みたいなものですからね。
さすがに事前に知らせてもらいたかったようです」(事情通)

井ノ原は怒りが収まらず「有働さんが降りるなら自分も降りる!!」と言いだしたとか。
想定外の事態にNHKは焦りまくったが、当初はジャニーズが仲介に入って井ノ原降板は避けられるだろうと読んでいた。

ところが、ジャニーズは井ノ原の意思を尊重して、降板を認めてしまったから、さあ大変。
NHKは慌てて井ノ原の後任に、人気お笑いコンビの博多華丸・大吉、有働アナの後継には同局の近江友里恵アナ(29)の起用を発表した。

当然のことながらいまだにジャニーズとの亀裂は修復できないままだ。

「ジャニーズとしても、これだけ貢献してきた井ノ原のメンツを潰されたわけですから、そう簡単に引き下がれるわけがないんです」(同)

そもそも最近、ジャニーズ幹部をイラ立たせているのが、同局と退所した元SMAPメンバーを巡る関係だという。芸能関係者がこう明*。
「ジャニーズから独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らのレギュラー番組を、民放各局が3月までに申し合わせたように終了にしています。
もちろん、ジャニーズサイドから目に見えるような圧力をかけられたわけではない。まさに忖度です。

ところがNHKだけが、こうした流れに逆行して元SMAPの3人を起用し続けているんです。
草なぎは『ブラタモリ』のナレーションを継続し、つい最近もNHKスペシャルの再現ドラマで主役に起用されました。
香取もドラマの出演、稲垣は教育テレビ(Eテレ)でのレギュラー番組が検討されている。ジャニーズサイドにとっては不愉快極まりない話なんです」

ジャニーズが井ノ原の意思を尊重して降板を認めた背景には、こうしたNHKに対する不信感があったのは想像に難くない。

この「あさイチ」問題は現在も尾を引いている模様で、両者の関係を元に戻す打開策は見つかっていない。
この状態が年末まで続けば、紅白歌合戦の人選に悪影響を及ぼしかねない。

「NHKの幹部とジャニーズ事務所の間には、想像以上の温度差がありますからね。
最悪の場合、ジャニーズ側が『紅白からタレント全員引き揚げる!』と交渉してくることも考えられる。
そうなるとキャスティングの主導権を握られ、ただでさえ多いジャニーズ枠がさらに増える可能性もあります」と、先の事情通は心配している。

一年の締めくくりとなる国民的歌番組に、ジャニーズタレントばかりがウヨウヨ出場することになれば、
視聴者から「何の歌番組だ?」との批判が殺到するのは明らか。

ジャニーズ事務所とNHKは無事に軟着陸できるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000004-tospoweb-ent


【【テレビ】 ジャニーズとNHKに亀裂 「紅白歌合戦」から一斉撤退も 】の続きを読む