時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: TWICE


    TWICE(トゥワイス) TWICE (日本の音楽グループ) - 日本の2人組音楽ユニット。2009年デビュー。 TWICE (韓国の音楽グループ) - 韓国の女性アイドルグループ。2015年デビュー。
    301バイト (29 語) - 2018年10月22日 (月) 13:32



    (出典 www.twicefan.club)


    TWICE!
    かわいそ

    1 名無し募集中。。。 :2018/11/10(土) 14:40:36.01 0.net


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【悲報】少年団(BTS)の炎上がTWICEに飛び火】の続きを読む


    TWICE(トゥワイス) TWICE (日本の音楽グループ) - 日本の2人組音楽ユニット。 TWICE (韓国の音楽グループ) - 韓国の女性アイドルグループ。
    257バイト (23 語) - 2018年6月21日 (木) 13:07



    (出典 d3bhdfps5qyllw.cloudfront.net)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/10/09(火) 08:47:11.62

    大晦日のビッグイベント『NHK紅白歌合戦』の出場者予想がネット上でも盛り上がりを見せている。
    今年、特に注目されているのがK-POP枠だ。

    「2011年に、KARA、少女時代、東方神起の3組が出場したのを最後に、韓国アーティストの出場は5年間途絶えていました。
    昨年、6年ぶりに人気女性グループ・TWICEが出場したのですが、男性グループは11年から出場していません。
    今年の紅白に男性グループを出場させるのか、もし出場するとしたらどのグループになるのか、NHKが相当悩んでいるという話を聞きます」(芸能記者)

    芸能記者は続ける。

    「今年も紅白にはTWICEが2年連続で出場することがほぼ決まっているようです。
    男性枠も7年ぶりに復活する予定があり、2つのグループがその座を激しく争っているというのが現状のようです」(前出の芸能記者)

    最近の紅白では初出場したアーティストが連続で出場することが多い。
    そのため、昨年初出場したTWICEが、今年も連続出場するのではないかと見られているという。

    前出の記者は「問題は男性枠なんです。候補とされる2つのグループの競い合うレベルが高すぎて、
    NHKもどちらにオファーするか悩んでいると聞こえてきます」と説明する。そのグループとは東方神起とBTS(防弾少年団)の2組。

    「東方神起は、ユンホ(32)とチャンミン(30)の兵役が明け、昨年から再始動。
    現在、日本ツアーの真っ最中で、12月には東京ドームで4日間公演を行うなど、話題性も十分です。

    BTSは今年5月にリリースしたセカンドアルバム『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』がアメリカのヒットチャート、
    ビルボード200で全米1位となるなど、活躍はワールドクラス。日本でも現在四大ドームツアーの真っ最中とあって、
    NHKとしてはぜひ紅白に出てほしい存在なんです。できれば両グループを出場させたいというのが、現場担当者の本音のようです」(前同)

    ところが、そうもいかない事情がある。それこそが、2012年以降、K-POP勢の出場が5年間も途絶えていた本当の理由だ。

    「当時、韓国の李明博政権が竹島問題などで、対日批判的なスタンスを取っていたこともあって、
    韓流ドラマを流したり、K-POPグループを音楽番組に出演させるテレビ局に、日本の嫌韓派が抗議を行ったんです。

    ターゲットとなったのは韓流ドラマを多く流していたフジテレビでしたが、NHKにも抗議の声が殺到し、
    大晦日の本番前に街宣車がNHKホールの近くに来るという騒ぎもあったんです。

    NHKはあのときのトラウマをいまだ払拭できていないはずですから、2011年のように3組出場は現段階では難しいのでは。
    TWICEは確実として、東方神起とBTSのどちらか1組に絞られるのではと見られています」(同)
    https://taishu.jp/articles/-/61374?page=1

    【音楽】<NHK紅白歌合戦出場歌手>予想報道が続々!今年確実視されている注目アーティストは?★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538883695/

    【音楽】<NHK紅白歌合戦>“韓流グループ”男性枠めぐり東方神起とBTSが一騎打ちに...
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538776734/


    【【音楽】 TWICE、東方神起、BTS(防弾少年団)・・・紅白歌合戦 “K-POP3組”でNHKが悩む苦い過去・・・嫌韓派の抗議の声】の続きを読む



    (出典 www.vivi.tv)



    1 ダーさん@がんばらない ★ :2018/03/25(日) 16:30:41.49 ID:CAP_USER.net

    TWICE、少女時代・KARA以来の日本の爆発的反応…3つの秘訣

    ガールズグループTWICE(トゥワイス)が日本で特大級の反応を得ている。

    TWICEが日本2ndシングル『Candy Pop』でオリコンシングル2月月間ランキングで日本代表グループの嵐に次いで2位を占めた。推定売上枚数約42万枚との嵐とは約10万枚の差。TWICEは32万4035枚で2位に堂々とランクインした。また『Candy Pop』で日本レコード協会からプラチナ認証を獲得した。昨年6月、日本デビューベストアルバム『#TWICE』、10月の日本デビューシングル『One More Time』に続く3連続プラチナ認定だ。

    日本でデビューシングルから2作連続で初週販売枚数20万枚を突破させ、同じ年にリリースしたシングルとアルバムをすべヒットさせたという点は、日本現地でのTWICE人気ぶりを証明している。『Candy Pop』は発売2週で出庫枚数40万枚を初めて突破し、この記録のおかげでTWICEは日本デビュー8カ月目に出庫枚数100万枚を越える記録も作った。

    日本でTWICEの人気は少女時代・KARA以来の歴代級だというのが現地専門家の共通した声だ。TWICEは日本正式デビュー前から「TT」ポーズで話題を集めて、広報が自然にうまくいった。このおかげでTWICEは日本でいち早く人気を獲得することができた。TWICEの「TT」ポーズは女子中高生の間で話題を集めてデビュー時から関心が高かった。デビュー後初めて迎える年末の特集番組『ミュージックステーション(Mステ)』への出演は人気の加速度を高めるポイントだった。『Mステ』に韓国アーティストが出演したのはBoA以来2年ぶり。このような理由で、現地メディアはTWICEの『Mステ』出演を集中的に取り上げた。

    メンバー9人のうち、サナ・モモ・ミナら3人が日本人という点も人気を盛り上げている一因だ。TWICEはメンバーのうち3割が日本人で、番組出演や公演の時に通訳を介さずに自由にファンや取材陣とコミュニケーションが取れる。この点は日本現地ファンとTWICEの心理的距離を近くした。日本芸能界に精通した歌謡界関係者は「日本ではTWICEを韓国グループと認識せず、日本グループと考えている。日本人メンバーが多く、さまざまな国籍のメンバーが混ざった多国籍グループで、言語の疎通が自由な点で韓国グループという認識がほとんどない。多国籍グループの特長が海外の舞台で100%活かされた」と話した。

    TWICE特有の愛らしくてキュートな魅力も現地ファンの心をつかんだ。歌謡界関係者は「日本ではガールクラッシュとセクシー美を強調したグループもあるが、依然としてかわいくて元気なイメージのガールズグループが高い人気を集めている。TWICEの愛らしい魅力が現地ファンたちにも通じた」としながら「キュートでありながら気さくなTWICEの姿がファンから人気」と伝えた。

    TWICEはこのような人気に後押しされて、日本で4回にわたる大規模コンサートツアーも控えている。5月26日と27日さいたまスーパーアリーナ、6月2日と3日大阪城ホールで計4回の単独コンサートを開催する。1月と2月に行った初めてのショーケースツアーよりも規模を拡大し、1万人以上収容可能なアリーナ公演会場でコンサートを開くということで現地ファンの期待が高まっている。ドームツアーを開催する日もそれほど遠くない。

    ソース: ISPLUS/中央日報日本語版 2018年03月21日08時58分
    http://japanese.joins.com/article/774/239774.html

    (出典 japanese.joins.com)


    【【注目】TWICEが日本で爆発的反応。日本ではTWICEを韓国グループと認識せず、日本グループと考えている[03/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ