時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 台風


    関西国際空港連絡橋 (関空連絡橋からのリダイレクト)
    臣の同意を得て、2013年3月30日より5年間の期限付きで全車種往復100円(障害者割引適用車両については50円)の関空連絡橋利用税の徴収を開始した。その後、2017年7月に関空連絡橋利用税の更新について総務大臣の同意を得て、2018年3月30日から課税期間を5年間延長した。
    19キロバイト (2,017 語) - 2018年6月4日 (月) 06:26



    (出典 t10.pimg.jp)



    【【速報】台風21号、関西国際空港連絡橋に、船舶衝突】の続きを読む


    台風21(たいふうだい21ごう)は、その年の21番目に発生した台風の名称。 アイオン台風(昭和23年台風21) - 1948年(昭和23年)9月7日に発生した台風。国際名は「Ione(アイオン)」。 昭和33年台風21 - 1958年(昭和33年)9月9日に発生した台風。国際名は「He
    2キロバイト (311 語) - 2018年1月3日 (水) 04:30



    (出典 www.jma.go.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/08/31(金) 11:57:09.87

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00005209-weather-soci

    台風21号は31日(金)9時現在、マリアナ諸島近海を時速20kmで西に進んでいます。
    中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は55m/sで、台風8号以来、今年3個目の「猛烈な」台風となりました。

     ▼台風21号 31日(金) 9時現在
     存在地域   マリアナ諸島
     大きさ階級  //
     強さ階級   猛烈な
     移動     西 20 km/h
     中心気圧   915 hPa
     最大風速   55 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 75 m/s

    今年最も強い台風に発達か

    台風21号は、明日9月1日(土)にかけてが発達のピークとなる見込みで、中心気圧が905hPa、最大風速55m/s、
    最大瞬間風速は80m/sに達し、今年発生した台風の中では、最も強い台風になる予想です。

    5日(水)に日本に接近・上陸のおそれも

    来週にかけては北よりに進路を変えて、日本列島に向かう予想です。5日(水)にも接近または上陸する恐れがあります。

    猛烈まで発達した台風が上陸したケースは、2001年以降で5回ありますが、いずれも上陸時まで「強い勢力」を保ったままでした。

    まだ進路のブレはあるものの、日本列島のどこかに影響を与える可能性が、現段階で非常に高くなっています。
    早め早めの備えが必要です。

    各国の予想機関は関東など本州方面へ

    世界各国の機関の予想進路をまとめてみると、「秋台風」らしく転向後は速度を上げながら北上、
    東寄りに向きを変えて本州方面へ向かう予想が今のところは多くなっています。

    ただ、転向のタイミングや場所次第で、接近・上陸位置が変わるため、今後西日本に向かったり、
    海上を進むコースになる可能性も十分にあり、まだ予想には幅がある状況です。

    今後の最新情報を随時ご確認ください。

    過去に猛烈な勢力まで発達し、上陸した台風

     (台風号数/最盛期の勢力)
    ・2014年19号 900hPa 60m/s(猛烈な)
     →上陸時 970hPa 35m/s(強い)

    ・2014年11号 920hPa 55m/s(猛烈な)
     →上陸時 965hPa 35m/s(強い)

    ・2012年17号 905hPa 55m/s(猛烈な)
     →上陸時 970hPa 35m/s(強い)

    ・2009年18号 910hPa 55m/s(猛烈な)
     →上陸時 955hPa 40m/s(強い)

    ・2004年16号 910hPa 55m/s(猛烈な)
     →上陸時 950hPa 40m/s(強い)

    31日9時現在の予想図

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【気象】非常に強い台風21号、今日31日午後にも「猛烈な勢力」に。5日(水)頃に日本へ接近・上陸のおそれ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1535679005/


    【【気象】台風21号が『猛烈な勢力』に。今年最強の905hPa、風速80m/sまで発達か。5日(水)に日本に接近・上陸のおそれ】の続きを読む



    (出典 www.maiyama.com)



    1 香味焙煎 ★ :2018/08/24(金) 02:21:25.31

    和歌山県と和歌山地方気象台は、午前0時50分、新宮市熊野川町の日足地区で熊野川が氾濫したと発表しました。

    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180824/k10011589771000.html

    1が立った時間 2018/08/24(金) 01:04:55.79
    前スレ http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535040295/


    【【台風20号】和歌山 新宮 熊野川が氾濫★2】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/08/19(日) 07:12:35.87 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180819/k10011581941000.html

    強い台風19号は日本の南の海上をゆっくりと北上していて、21日には、暴風域を伴ったまま
    九州南部や鹿児島県の奄美地方にかなり接近するおそれがあり、気象庁は暴風や高波などに
    警戒するよう呼びかけています。また、18日夜、発生した台風20号も19号のあとを追うように
    日本に近づくおそれがあり、気象庁は、2つの台風の進路など最新の情報に十分注意するよう
    呼びかけています。

    気象庁の観測によりますと、強い台風19号は、午前3時には小笠原諸島の父島の南西350キロの
    海上にあってゆっくりと西北西へ進んでいます。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の
    最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の北西側150キロ以内と南東側
    110キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。

    台風は、このあと発達しながらゆっくりと西北西へ進み、あさってには暴風域を伴ったまま
    九州南部や鹿児島県の奄美地方にかなり接近するおそれがあります。19日は小笠原諸島の沿岸で
    昼前まで大しけの状態が続くほか、東日本と西日本の太平洋側、それに沖縄県の大東島地方に
    かけての沿岸で次第に波が高くなる見込みです。

    その後、20日は、沖縄地方や九州南部・奄美地方で次第に風が強まり、沖縄地方では大しけになると
    予想されています。20日までに予想される最大風速は、沖縄地方で20メートル、九州南部と奄美地方で
    15メートルで最大瞬間風速は、23メートルから30メートルに達するほか、20日までの波の高さは、
    小笠原諸島と沖縄地方で6メートル、九州南部と奄美地方で5メートルなどと予想されています。

    また、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、19日は東日本と西日本の太平洋側で大気の状態が
    不安定になり局地的に激しい雨が降るおそれがあります。また、21日は台風がかなり接近する九州南部や
    奄美地方などで局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。気象庁は、
    暴風や高波、それに大雨による土砂災害などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。

    一方、18日夜発生した台風20号は、午前3時には、日本のはるか南の太平洋を1時間に15キロの速さで
    西北西へ進んでいます。中心の気圧は、1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、
    最大瞬間風速は25メートルで、中心の北側280キロ以内と南側170キロ以内では、風速15メートル以上の
    強い風が吹いています。

    台風はこのあとも北西へ進み、台風19号のあとを追うように日本に近づくおそれがあり、気象庁は、
    2つの台風の進路など最新の情報に十分注意するよう呼びかけています。


    【【気象】台風20号、19号追って日本に接近か。最新情報に注意を】の続きを読む



    (出典 www.mbc.co.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/08/18(土) 11:59:47.01 ID:CAP_USER9.net

    https://weathernews.jp/s/topics/201808/180055/

    18日(土)9時現在、強い台風19号(ソーリック)は小笠原近海をゆっくりと北上しています。
    中心付近の半径90km以内が、風速25m/s以上の暴風域となっています。

    ▼台風19号 18日(土) 9時現在
     存在地域   父島の南西約350km
     大きさ階級  //
     強さ階級   強い
     移動     北 ゆっくり
     中心気圧   970 hPa
     最大風速   35 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 50 m/s

    来週中頃に九州へ接近

    台風は太平洋高気圧に阻まれる形で速度を落とし、明日にかけてやや西よりに進路を変える見込みです。

    その後、21日(火)から22日(水)にかけて九州に近づき、上陸するおそれもあります。
    とりうる進路にはまだ幅がありますので、今後の情報にご注意ください。

    非常に強い勢力に発達の見込み

    台風19号が進むと予想されている海域は、海面水温が28℃以上と高く、台風は今後も発達を続けて、
    19日(日)にも非常に強い勢力となる予想です。

    沿岸近くまで海水温は高いため、勢力を保ったまま陸地へ接近するおそれがあります。
    広範囲が台風の暴風域に入り、大荒れとなるおそれがありますので、早めの対策が必要です。

    また、台風の東側を吹く湿った風の影響で、西日本の太平洋側は接近前から雨が降りやすく、
    台風から離れていても大雨になる所がありそうです。

    ◆台風の名前「ソーリック」
    ソーリック(Soulik)は、ミクロネシアが提案した名称で、伝統的な部族長の称号からきています。
    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、
    発生順につけられます。


    進路予想
    気象庁

    (出典 www.jma.go.jp)

    米軍

    (出典 www.metoc.navy.mil)


    実は次の熱帯低気圧bくんのほうが日本に直撃しそうです
    米軍

    (出典 www.metoc.navy.mil)


    【【気象】強い台風19号「ソーリック」明日にも非常に強い勢力に。来週九州へ接近】の続きを読む

    このページのトップヘ