時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 岡村隆史


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。
    39キロバイト (5,198 語) - 2018年10月8日 (月) 22:43



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    岡村隆史が
    ドケチだとかいう
    問題ではないとおもう!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/29(月) 06:42:00.08

    レギュラー番組5本を抱え、所属事務所では、上から数えた方が早い高額ギャラを手にしているともっぱらのナインティナインの岡村隆史。
    独身貴族どころ*こぶる付きのケチなのでは?と思わせる事件があった。

    10月18日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)でのこと。
    岡村はホテルの予約を巡るびっくり仰天話を明かした。

    「翌朝の仕事が早朝スタートなので、その夜、現場近くのホテルに泊まろうと考えた岡村は、マネージャーに予約を頼んだ。
    突然のお願いでも無理を聞いてくれる常宿に連絡してもらったところ、あいにくほぼ満室で、3万9000円の部屋なら空いているという返事が来た。
    『3万9000円、高いなぁ』と、岡村は返事を保留。
    今度は局スタッフに依頼したところ、同じ回答だったそうです。
    ところが、岡村が所属するよしもとクリエイティブエージェンシーを名乗ったところ、フロントマンは1000円アップの40000円と言ったそうなんです。
    岡村は、結局よしもとの名前を出さずに3万9000円の部屋を予約したとか」(ネットライター)

    マネージャーによると、ホテルのフロントマンに「よしもとクリエイティブエージェンシーなんですけど」と言ったら、
    「吉本やと40000円になります」と平然と言い放ち、「吉本って名前、使わない方がいいですよ」とアドバイスまでしたそうだ。

    これに反応したのが、岡村。「よしもとクリエイティブエージェンシーって言ったら、1000円高くなんの?」と、目を白黒させてこう続ける。

    「何でなん?これ。これ、ウソでもなんでもないで。こんなことある?何したの?よしもとクリエイティブエージェンシーは。こっちは天下の吉本やって思って、吉本って、出しなさいよ、って言うたのに」

    女性誌記者が言う。

    「1000円の違いを問題にするのは、ドケチな金持ちで知られるオードリー・春日俊彰か、岡村か、中居正広くらいでしょうね。
    インバウンドが大挙して押しかける首都圏、関西圏のホテルは超売り手市場になっており、高くても埋まる状況が続き、会社名を出せば、無理がきく時代はとうに終わってます。
    逆に会社名を出せば、取りっぱぐれなしとして、強気の値段設定をされることもあると聞きます」

    ギャラの管理を父親に任せ、高額商品には見向きもしない庶民感覚あふれる岡村。世事に疎いのが露呈したようで。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15512820/
    2018年10月29日 5時59分 アサ芸プラス


    【【芸能】岡村隆史、ホテル代金「1000円の違いに激怒」で指摘された“世間知らず”】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2018/07/24(火) 16:30:00.09 ID:CAP_USER9.net

    ナイナイ岡村 EXILE・HIROのお中元にお返しせず「怖なってきて…」
    2018年7月24日 7時50分

     ナインティナインの岡村隆史が、23日深夜放送のABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」で、EXILEのHIROから毎年届くお中元に、お返しを何もしていないことを告白した。

     お中元を贈る習慣が特にないという岡村だが、「EXILEのHIROさんから毎年送ってきてくれる」と明かし、なるみは「そういうの聞いたら、やっぱりスターやなと思う!」と感心。

     岡村は「たぶん相方(矢部浩之)や、めちゃイケメンバー全員に贈ってると思う」といい、3月に終了した「めちゃ×2イケてるッ!」の人気企画だった「オファーシリーズ」での縁が続いているようだ。

     ただし、岡村は「うちの相方は嫁(フリーアナウンサーの青木裕子)が返してると思う。(自分は)嫁がいてないから、目つむって、知らんことにしようと…」と、HIROのお中元に何もお返しをしていないことを打ち明け、なるみはア然。

     「電話ぐらいしてないの?」と聞かれると、岡村は「最初してたけど怖なってきて、毎年送られてくるから…」とポツリ。お中元の他にも、HIROからは毎年誕生日に花が届くという。

     あきれたなるみから「もうこの時期になったら『僕はもう何も(お返しが)できないんで、(お中元は)いらないです』って宣言したらいいやん」と助言された岡村は、カメラに向かって「(お中元は)いりません!」とメッセージ。なるみは「ここ(この番組)じゃ弱い!HIROさんまで行かん」とツッコんでいた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15055882/


    【【芸能】EXILEのHIROから毎年届くお中元 岡村隆史「怖なってきて」お返しせず】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2018/07/13(金) 15:47:21.91

    岡村隆史、自宅の電気事故であわや「*だかも」
    2018年7月13日
    https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01807136914.html?iref=comtop_fbox_d2_01

     ナインティナイン岡村隆史(48)が、自宅の電気事故で死を意識した出来事を語った。
     12日深夜放送のラジオ「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で「ほんまに大事件でしたけれども、大事に至らなくて良かった」と、ある夏の出来事について語った。
     暑い日にエアコンが効かなくなり、修理を試みたのか、ブレーカーにドライバーを差し込んだ。その瞬間「バーンッ!」と爆発が起き、「脚立から落ちて、壁とかにバーンてぶち当たりながら。『ああ…』って思って、目は開けてるんですけど、真っ白なんですよ、世界が。『うわぁ…』って思って。ブレーカーぶっ飛んでますから真っ暗のはずやのに、真っ白なんですよ、目の前が。それはその時の閃光(せんこう)がバーンて残ってるんです。目は開けてるのに真っ白で、耳はキーンって音。すごかったもんね。ほんまに*だかもわからんって思って、ひっくり返ったままじっとしてた」と事故の状況を振り返った。
     その後、次第に視界が戻り、ブレーカーに差し込まれたままになっているドライバーが見えた。「ぶっ刺さったまま真っ黒に焦げてんねん。手、持つところのプラスチックが焦げてんねん。あれ、俺もうちょっとでもプラスチックじゃない鉄の部分触ってたら、マンガによく出てくるガイコツのやつになってたと思う」と大事に至らなかったことに安堵(あんど)し、「神様がまだもうちょっと頑張って仕事しなさいっていうことやったんやなと思っていますけれども、皆さんもほんまに気をつけてくださいね」と注意を促した。


    【【事故】ナインティナイン岡村隆史、自宅の電気事故であわや「死んだかも」】の続きを読む

    このページのトップヘ