カトパン』は、2008年度フジテレビ新人アナウンサーの加藤綾子が司会を務めた、フジテレビの深夜トークバラエティ番組。フジテレビ新人アナウンサーによる『○○パン』シリーズの第4弾で、加藤の愛称にもなっている。 当番組は、2008年9月26日まで放送していた生野陽子(フジテレビアナウンサー)司会
9キロバイト (889 語) - 2017年7月28日 (金) 03:07



(出典 www.zakzak.co.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/02(火) 16:14:40.12 ID:CAP_USER9.net

“カトパン”こと加藤綾子が、交際を申し込まれていた明石家さんまと完全決別。来年には共演番組『ホンマでっか!?TV』も降りる可能性が高いという。

「番組は10月で10年目に突入。来年3月なら9年半ですが、時期的には年度末の3月で降板がベストでしょう。
それを逃したら満10年の9月。加藤としては区切りの10年目に入ったし、3月に降りたいようです」(テレビ雑誌編集者)

何しろ最近の加藤の“降りたい態度”は、あからさまだという。

「2人は並んで立って司会をしていますが、以前より距離が10センチ離れたというネット上での分析もあるぐらい。
さんまはコメンテーターに大ゲサにしゃべるのですが、カトパンはニコやかにしているだけで、最近どこか冷めている。第一、さんまの方を向いてしゃべらない露骨さです」(同・編集者)

さんまは今年5月、フジテレビ系列で放送されたスペシャル番組『さんま&女芸人お泊り会~人生向上の旅~』で、お笑いタレントから加藤との関係を聞かれ、

「付き合いたいし、抱きたい」「当たり前や、抱きたいやろ、あれくらいのクラスの女やったら」などとハレンチ発言。

「加藤は、この話を聞いて『冗談じゃない!』『そんな気ないから!』と激怒したわけです。
実は、もっと以前、加藤はさんまにバッグを買ってもらったことを“おねだり加藤”とネタにされたことがある。
そんな私的な部分までネタに使われたことに立腹。付き合うも何も、随分と嫌っているという話もあります」(女子アナライター)

インスタで示す「無理」の意思表示
それが鮮明に表に出たのが、加藤の8月2日付のインスタグラム。加藤はインスタで、さんまの誕生日会の様子を投稿し、
“のし紙付き”のラスクをプレゼントしたことを報告したのだが、6人並んで撮った写真は、さんまから1人置いて座っているものだった。

「誕生日に好きな子から“のし紙付き”のお菓子をもらって、記念写真を撮るときに離れたところに座られたら“脈なし”と思うのが普通じゃないですか。
インスタは間違いなく『交際は無理です』の意思表示。

のし紙については購入時のうっかりを強調していましたが、ワザとやったといわれています」(同・ライター)

最近、さんまは「加藤に相手されへんのや」とグチることもあるという。

「加藤は名前こそ出しませんが、『分かってくれない』『一緒に仕事したくないの』とハッキリ言っています。
去年夏、フジテレビの同期・椿原慶子アナとニューヨーク旅行にこっそり行ったこともさんまにバレ、文句を言われた。
彼女は『付き合う気ないし、そんなこと言われる筋合いはない』と怒り心頭。そのとき共演を辞める決意をしたみたいです」(加藤と親しい記者)

テレビを通して「お前とヤリたい」などと発言する人間と番組共演するのは、われわれが想像する以上にキモイことなのだろう。


http://dailynewsonline.jp/article/1531504/
2018.10.02 07:00 まいじつ


【【悲報】“カトパン”加藤綾子「これ以上ムリ!」来年3月さんまとの共演解消へ】の続きを読む