吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優である。東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。
27キロバイト (3,428 語) - 2018年10月1日 (月) 08:34



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



1 Absolutely ★ :2018/10/07(日) 16:47:00.24 ID:CAP_USER9.net

吉沢亮、観客を“トリコ”に 甘酸っぱい初恋エピソードも【動画付き】
(C)ORICON NewS inc.

 俳優の吉沢亮(24)と女優の新木優子(24)が1日、都内で行われた映画『あのコの、トリコ。』(5日公開)の「日本中のハートを“トリコ”イベント」に出席。会場には各所にハートの風船やオブジェが装飾され、吉沢は白いシャツに白のパンツ、新木は白いレースのドレスで登場。ハートがあしらわれたカーペットを歩き、ブーケトスをするなど、結婚式さながらの演出で観客を魅了した。

 どういう異性のトリコになりやすいかという質問に、吉沢は「単純なので、あざとい人をすぐ好きになっちゃいます。ボディタッチが多かったりとか、女子がみたら『うわ、こいつやってんな』って思う人を好きになっちゃいます」と、タイプの女性像を笑いながら答えた。

 また、同作にちなみ、2人が初恋をした頃の写真を公開。当時のエピソードを聞かれ吉沢は「小学1年生の頃、バレンタインの日に女の子に『チョコあげるから家に来て』と言われて『僕のこと好きなんですか?』って聞いたら『うん』って言われてトリコになっちゃいました」と照れながら振り返ると、初恋は幼稚園の時だったという新木も「好きだった同い年の男の子に“すきだよ”って書いたラブレターを渡したら、“ぼくもすきだよ”ってお返しをくれました」と甘酸っぱいエピソードを明かした。

 同作は、『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻コミックスで累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)した白石ユキ氏の漫画を実写化。田舎から東京の芸能コースがある高校に転入した地味で冴えないメガネ男子の主人公・鈴木頼(吉沢)、彼が一途に思いを寄せるヒロイン・立花雫(新木)、そして、恋のライバルとなる人気イケメン俳優・東條昴(杉野遥亮)、幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリー。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00010002-oricv-ent


【【芸能】吉沢亮、観客を“トリコ”に 甘酸っぱい初恋エピソードも【動画付き】】の続きを読む