時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: ISSA


    ISSA(イッサ、本名:邊土名 一茶(へんとな いっさ)、1978年12月9日 - )は、沖縄県沖縄市出身の日本の歌手、日本の男性ダンス・ボーカルグループDA PUMPのリーダー&ヴォーカル担当。所属事務所はライジングプロダクション。所属レコード会社はエイベックス・グループ(レーベルはSONIC GROOVE)。血液型はB型。
    9キロバイト (848 語) - 2018年10月24日 (水) 05:01



    (出典 nznsms.jp)


    ISSA!
    やるねー!

    1 ひかり ★ :2018/11/06(火) 00:04:46.00 ID:CAP_USER9.net

    「昨夏に結婚した奥さんのA子さんとは、なるべく早く子供をつくりたいからと結婚を早めたようです。その甲斐あって、奥さんは現在、
    妊娠5カ月と聞いています」(ISSAの知人)

    3年半ぶりの新曲『U.S.A.』で再ブレークし、今年の紅白はほぼ当確。同曲の代名詞『ダサかっこいい』が流行語大賞の有力候補にもなっている、
    DA PUMP。リーダーのISSA(39)は今年6月に一般女性のA子さんとの結婚を公表したばかりで、公私ともに順風満帆だ。

    「A子さんは30代半ばの美容サロンオーナー。共通の友人の紹介で出会ったのは3年前で、1年の交際を経てゴールインしました」(前出・知人)

    だがISSAといえば、結婚前は芸能界きってのプレイボーイとして浮名を流し続けてきた。

    「先月も岡村隆史さん(48)から“平成の火野正平”といじられていました。これまで上原多香子さん(35)、柴咲コウさん(37)、
    あびる優さん(32)など、名だたる美女との交際が次から次へと報じられてきましたから……」(音楽関係者)

    A子さんがそんなISSAに出した“結婚の条件”とは――。

    「結婚前、A子さんから“浮気禁止令”が出されたそうなんです。ISSAさんは『浮気や不倫はしない』と宣言。A子さんもその言葉を信じ、
    結婚を決意しました。奥さんも『彼はいま忙しくてそんなことをしている暇がないの』と周囲に笑って話しているくらい、2人は固い信頼関係で
    結ばれているんです」(前出・知人)

    10月10日に開かれたDA PUMPのライブには、新妻のA子さんも姿を見せたという。

    「A子さんがスタッフや関係者1人1人に挨拶まわりをしていたのが印象的でしたね。彼女は、これまでISSAさんが付き合っていた派手な女性たちとは
    打って変わって、おとなしく清楚なタイプなんです。結婚相手となると、ISSAさんも落ち着いた女性を選んだなと感慨深かったです」
    (前出・音楽関係者)

    支えてくれた新妻のおかげで“カモンベイビー”の悲願が成就したのだろう。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00010001-jisin-ent


    【【話題】ISSA 新妻が妊娠5カ月“浮気禁止令”を守って悲願成就】の続きを読む



    (出典 shinbishika-guide.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/11(木) 21:16:13.85

    10月8日放送の『ニュースウオッチ9』(NHK)に『DA PUMP』のISSAがゲスト出演し、バラエティー番組や音楽番組では見せない“真面目な顔”をのぞかせた。

    この日の番組では、知事選を終えたばかりの沖縄県の話題に触れ、同県が抱える基地問題などにテーマが及んだ。
    沖縄出身で、基地のすぐ隣で育ったことについて思いを聞かれたISSAは、「僕が4分の1、アメリカの血も入っているので、僕が言える立場ではない」としながらも、「(基地と)共存していくことが唯一、
    争いもなく街が栄えていく方法の1つではないかと思う」と持論を述べた。

    この発言を受けて、SNSには

    《ISSAさんの考え方っていいなあと思う》
    《こんなちゃんとしたことを言える奴だったのか。見直した》
    《イメージが変わった。しっかりしてる方なんだなあって》
    《短いコメントだけど好感の持てるコメント》

    など、多くの賞賛が集まっている。

    ISSAの共生へのメッセージ
    基地問題はさまざまな意見のある複雑な議題なだけに、回答によっては炎上しかねないが、ISSAの意見は波風立てることはなかったようだ。

    「芸能人が公に基地問題に触れることは、たとえ地元沖縄出身者だとしてもタブー視されています。何と発言しても、大抵は政治的なバイアスをかけられて、イメージダウンが避けられないからです」(芸能記者)

    芸能人として、お手本のような回答をしたISSA。彼を「チャラい」と感じていた人からするとギャップも凄まじかったようだ。発言内容はもちろん、丁寧に真摯に話そうとしている姿勢が評価され、イメージアップにつながる結果になった。

    「カーモンベイビーアメリカー!」が耳に残る『DA PUMP』のヒット曲『U.S.A』の中に、「僕らは地球人、同じ星の旅人さ」というフレーズがある。“共生”のメッセージを込めたような歌詞は、偶然にしても興味深い。

    http://dailynewsonline.jp/article/1538528/
    2018.10.11 20:30 まいじつ

    ?


    【【芸能】タブーを怖れず『DA PUMP』ISSAが「沖縄基地問題」に真剣コメント】の続きを読む

    このページのトップヘ