ゴールデンボンバー (バンド) (金爆からのリダイレクト)
ゴールデンボンバーは、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二の4人からなる日本のヴィジュアル系エアーバンドである。愛称は金爆(きんばく)。全楽曲の作詞、作曲、編曲はヴォーカルの鬼龍院翔が手掛け、編曲はeversetのギタリスト、tatsuoと共同で行っている。
242キロバイト (20,983 語) - 2018年10月28日 (日) 15:10



(出典 xn--x8j7csc6azb1rneyishz011cu9c.net)


鬼龍院さん!
すげー!

1 ひかり ★ :2018/10/30(火) 04:11:21.85 ID:CAP_USER9.net

 男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(34)が29日放送のフジテレビ系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜・後11時)に出演し、
ヒット曲「女々しくて」でカラオケランキング1位になった時の印税額を明かした。

 鬼龍院はカラオケで1回入れると2円の印税が発生することを説明。「女々しくて」1曲で、現在でも月に20~30万円の印税額が発生するといい、
さらに「2014年とか13年にカラオケランキング1位になって、その翌年に印税が来るのでその時は月1000万入ってました」とカラオケランキングで
51週連続1位を記録し、2013年度著作物使用料の分配額がトップになった時の額を打ち明けた。

 これには、メンバーの喜矢武豊(33)は「えー。そんなに入ってくるんですか?まじかよ。今更言うな!当時言えよ」とまさかの金額に驚いた表情を見せた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000269-sph-ent


【【衝撃】金爆・鬼龍院「女々しくて」のカラオケ印税は「月1000万」】の続きを読む