時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 野球



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 湛然 ★ :2017/12/09(土) 04:49:36.63

    12/9(土) 4:41 スポニチアネックス

     大谷がついに決断した。米メディアは一斉に代理人のネズ・バレロ氏の「今朝、徹底した詳細なプロセスを経て大谷翔平はロサンゼルス・エンゼルスと契約することに決めました。彼はエンゼルスとの強いつながりを感じ、メジャーでの目標を達成するのに最適なチームだと判断した」との声明を伝えた。

     「天使の軍団」が、大谷のハートを射止めた。米メディアの間では全くのノーマークだったエンゼルスだ。プレゼン文書による「1次選考」を通過後も、トレードで「インターナショナル・ボーナスプール」と呼ばれる25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金枠を増額。誠意を尽くした。

     「1次選考」で脱落したヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、大谷が西海岸で中小規模の都市を希望していることを示唆。本拠地球場エンゼルスタジアムはロサンゼルス郊外のアナハイムにある。また、米メディアでは大谷が日本選手のいない球団を希望していたとも伝えられており、エ軍はこの3点に合致した。

     ヤンキースGM補佐時代の13年オフ、田中の獲得に尽力したビリー・エプラーGMの戦略が奏功した。田中視察のために来日した時から大谷も熱心にチェックしていた経験も生かし、綿密な二刀流起用プランを作成。メディアを通じてラブコールを送ることはせず、プレゼンの文書と直接交渉で、それを大谷サイドにぶつけた。

     今季80勝82敗と負け越したエ軍は、投打で大谷の力を必要としている。先発投手による勝利数の合計は30球団中26位の44。14、15年に合計28勝を挙げ、ここ2年は故障に泣かされた右腕リチャーズらとともに、ローテーションの中核を担うことが期待されている。

     打線はチーム打率が30球団で28位・243に終わった。DHとしては、来年1月に38歳となるプホルスとの併用が濃厚。通算614本塁打で将来の野球殿堂入りが確実なスラッガーの野球に取り組む姿勢を間近で学ぶことができる。同時に、26歳の若さで通算201本塁打を誇るメジャー屈指のスター、トラウトからも刺激を受けることができる環境だ。

     大リーグでの2桁本塁打&2桁勝利は、1918年にベーブ・ルース(当時レッドソックス)が一度達成しただけ。来季達成すれば100年ぶりの快挙だ。1961年創設とメジャーでは歴史の浅いエ軍の一員として、新時代のパイオニアとなる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000144-spnannex-base


    【【朗報】大谷、エンゼルスと合意 代理人声明「強いつながりを感じた」 】の続きを読む



    (出典 www.asahi.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/12/06(水) 09:45:58.39

    今年の高校野球夏の甲子園大会で8強入りした仙台育英高の硬式野球部員ら生徒が11月、校外で飲酒や喫煙をしていたことが5日、分かった。
    学校側は同日、宮城県高校野球連盟に事実を口頭で伝えた。今後調査を進め、正式に文書で報告する。

     仙台育英高などによると、飲酒や喫煙をしていたのは、3年の元野球部員と2年の現役部員、3年の元剣道部員の生徒計8人。11月27日夜に
    仙台市青葉区の飲食店で酒を飲み、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された生徒もいた。生徒の中には公式戦でベンチ入りしていた野球部員も
    含まれている。

     野球部員の一部は多賀城市内の寮に住んでいた。寮は午後10時ごろまでに職員が点呼と見回りをするが、学校側は部員の不在を把握していなかったという。

     学校側は生徒から詳しい事情を聴き、今後の処分や野球部への対応を検討する方針。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000001-khks-soci


    【【驚愕】仙台育英高野球部員ら飲酒、喫煙 市内飲食店で8人、救急搬送も 】の続きを読む



    (出典 blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp)



    1 風吹けば名無し :2017/12/01(金) 15:05:05.07

    ソフトバンク・五十嵐亮太投手(53)が1日、ヤフオクドームの球団事務所で契約更改。1000万円アップの年俸3億6000万円でサインした。今季は46試合に登板して防御率1・73。夏場に左太もも裏の肉離れでの離脱もあったが、優勝に貢献した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000557-sanspo-base


    【【速報】五十嵐亮太(53)、契約更改 】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2017/11/23(木) 17:23:06.99

    速報! プロ野球選手が"公然わいせつ"か
    2017年11月23日

    読売巨人軍の低迷が深刻化するなか、球団首脳を悩ませる〝爆弾〟の存在が浮上した。ある捜査関係者が次のように打ち明ける。

    「10月25日、巨人の若手エース投手Aが読売ジャイアンツ球場に近い多摩地区を管轄する警視庁多摩中央署による取り調べを受けたというのです」

    Aといえば、昨年10勝を挙げるなど、最もブレイクした若手投手。不調に喘ぐ巨人軍にとっては、なくてはならない存在だ。

    いったい、どのような容疑だったのか。

    「その日、『不審な動きをしている車がある』という通報を受け、多摩中央署員が現場に向かったところ、そこには1台の車があった。車内でAは陰部を露わにし、*行為をしていたのです。車内とはいえ、公衆の目に触れる可能性がある〝公然〟の場所。公然わいせつの容疑がかかり、取り調べを受けることになった」(同前)

    驚いたのは多摩中央署員のほうだ。

    〝被疑者〟が有名投手だったことが発覚したため、同署は「所轄では扱えない」という判断を下した。

    「その後、担当部署は警視庁本部生活安全部保安課に変更された。結局、読売は保安課と話し合いを持ち、始末書一枚で捜査終結と相成ったのです」(同前)

    それをいち早く掴んでいたのが週刊新潮だ。同誌は10月下旬、多摩中央署と読売巨人軍に取材を申し入れた。慌てた読売は、球団社長がみずから新潮社に出向き、〝車内*ー〟を認めた上で「記事にはしないでくれ」と直訴したという。

    ある週刊誌記者が内幕を明*。
    「その後、フライデーがこの情報をキャッチし、11月中旬に読売巨人軍に取材を申請した。その直後、新潮と同じように球団社長と役員が雁首揃えて(発行元の)講談社を訪れ、『どうか記事にしないでほしい』と懇願したそうです。結局、〝貸し1〟として記事は見送られたのです」

    みずから球団社長が出版社に出向き、記事掲載の取りやめを直訴するという異例の行動に出た理由は何だったのか。

    「読売巨人軍は新潮社、講談社の上層部と、どのような密約があったのか――それが謎なんです。記事を潰された現場の記者は憤っていますよ」(同前)

    現在、Aは何事もなかったかのように球場に足を運んでいるという。

    取材・文◎編集部

    http://tablo.jp/street//news002522.html
    写真はイメージです

    (出典 tablo.jp)


    ★1がたった時間:2017/11/23(木) 16:30:03.82
    ※前スレ
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1511422203/


    【【速報! 】巨人の若手エース投手Aが車内で陰部を露わにし自慰行為"公然わいせつ"か★2 】の続きを読む


    【日本S】ホークス劇的サヨナラで2年ぶり8度目日本一! 延長11回川島V打、下剋上DeNA終戦 | ニコニコニュース



    (出典 org-rabo.com)



    ソフトバンクが本拠地で日本一達成、サファテ来日最長3回零封 

     ソフトバンクが劇的サヨナラ勝ちで2年ぶり8度目の日本一に輝いた。福岡へと舞台を移した4日の日本シリーズ第6戦で1点差で迎えた9回に内川が同点弾を放つと、延長11回に川島がサヨナラ打をマーク。4-3と競り勝って4勝2敗とし、頂点に立った。3連敗から2連勝と巻き返したDeNAは第6戦で力尽き、セ・リーグ3位からの日本一という下剋上はならなかった。 

     この日はDeNA先発今永に大苦戦を強いられた。2回、松田が左翼ホームランテラス席に飛び込むソロ本塁打を放って先制したが、その後は沈黙。今永のチェンジアップに翻弄され、7回まで1安打1点に封じられた。 

     先発した東浜も4回までDeNA打線に点を与えなかったが、5回につかまった。先頭の白崎に甘く入ったスライダーを左翼席に運ばれて同点。さらに倉本、桑原に連打を許したところで降板となった。さらに2番手・嘉弥真が梶谷にセーフティー気味の犠打を決められると、3番手・石川がロペスに左前へ2点適時打を許して逆転された。 

     それでも8回先頭の長谷川勇が二塁打を放つと今永を降板に追い込んだ。その後、1死三塁から柳田の投ゴロに間に得点し1点差。さらに9回1死走者なしから内川が左翼へ起死回生の同点ソロを放ってい試合は延長戦へ突入。迎えた11回に川島がサヨナラ打を放って逆転勝利で日本一を引き寄せた。 

     この日は9回からマウンドに上がった守護神サファテが来日最長の3イニングを無失点に抑える熱投で勝利を後押しした。(Full-Count編集部)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本S】ホークス劇的サヨナラで2年ぶり8度目日本一! 延長11回川島V打、下剋上DeNA終戦 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ