時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: サッカー



    (出典 news.myjcom.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/07/16(月) 03:27:08.10

    7/16(月) 1:53配信
    フランスが20年ぶり2度目のW杯制覇! ポグバ&ムバッペが鮮やかゴール、計6発の打ち合い制す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦した。

     ついにファイナルを迎えたロシアW杯。20年ぶりの大会制覇を狙うフランスはMFポール・ポグバやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWキリアン・ムバッペらが、初優勝を狙うクロアチアはMFルカ・モドリッチ、MFイヴァン・ラキティッチ、FWマリオ・マンジュキッチらが先発に名を連ねた。


     立ち上がり10分はクロアチアがやや優勢に試合を進めたが、15分を過ぎると徐々にフランスがペースを握る。すると18分、ペナルティエリア手前右でFKを得たフランスは、キッカーのグリーズマンがゴール前へクロスを供給。クロアチアのマンジュキッチがヘディングしたボールがゴールへ吸い込まれ、オウンゴールでフランスが先制した。

     不運な形で先制を許したクロアチアだが、すぐに試合を振り出しに戻す。28分、敵陣でのFKをうまく繋ぐと、エリア内中央で受けたイヴァン・ペリシッチが絶妙なコントロールでDFをかわして左足一閃。強烈なシュートがゴール右下に突き刺さった。

     しかし、フランスが前半のうちに再びリードを得る。36分、右CKからのクロスボールがエリア内でクロアチア選手の手に当たると、ビデオの映像を確認した主審がPKの判定を下す。38分、グリーズマンがこのPKを冷静にゴール左下に決め、スコアは2-1となった。

     後半に入り59分、フランスは長いスルーパスで右サイドの裏に抜け出したムバッペが中央へ折り返すと、グリーズマンが落としたボールをポグバが右足ダイレクトで狙う。ここはDFにブロックされたが、こぼれ球をポグバが左足でゴール左に流し込み、フランスのリードが2点に広がった。

     勢いに乗るフランスは65分、エリア手前中央でパスを受けたムバッペがワントラップから右足を振り抜く。低い弾道の強烈なシュートがゴール左下に突き刺さり、4点目が決まった。

     苦しくなったクロアチアは69分、マンジュキッチが相手GKウーゴ・ロリスのパスをカットすると、このボールがそのままゴールへ転がり込み、2点差に詰め寄った。

     終盤はクロアチアが同点を目指して押し込んだが、フランスが集中した守備で対応し、試合はこのまま4-2でタイムアップ。フランスが1998年以来20年ぶりとなるワールドカップ制覇を果たした。

    【スコア】
    フランス代表 4-2 クロアチア代表

    『得点者』
    1-0 18分 オウンゴール(マリオ・マンジュキッチ)(フランス)
    1-1 28分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
    2-1 38分 マリオ・マンジュキッチ(PK)(フランス)
    3-1 59分 ポール・ポグバ(フランス)
    4-1 65分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-2 69分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00794424-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2018/07/16(月) 01:53:48.45
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531676768/


    【【サッカー】フランスが優勝!!クロアチアが準優勝! 2018FIFAワールドカップ ロシア大会★5】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/12(木) 07:56:00.05

    国際サッカー連盟(FIFA)は11日、テレビ放送で「魅力的な女性」のカットを減らすように要請しているようだ。性差別が人種差別よりも大きな問題となっていることを受け、差別禁止プログラムの見直しに乗り出した。スポーツ専門メディア『ESPN』が詳しく報じている。

     FIFAで多様性に関する部門を統括するフェデリコ・アディエッキ氏によると、これまで欧州サッカー界で問題視され続けていた人種差別は今大会で「想定していたほどは見られなかった」と指摘。その一方で、女性に対する差別問題が目立っていると捉えている。

     代表的な問題は、ロシアW杯を取材するアナウンサーが放送中に声をかけられたり、女性ファンが性的な言動を強いられたりしたというもの。加えて人権団体の調査では「ストリートで見られた性差別」に関する抗議のうち、メディアでの女性の扱い方についてのものが約10%を占めていたという。

     すでにFIFAは2014年のブラジル大会から対策に乗り出しているが、あらためて各国のテレビ局に同様の表現を減らすように要請。同様の特集を行っていた大手写真販売サイトは批判を受け、削除の後に実態調査の声明を発表している。また今後の大会では、多くの視聴者がより女性を尊重できるようになることが望ましいとした。

    ゲキサカ7/12(木) 6:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-01656128-gekisaka-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】<FIFA>『美女サポ』放送に警告!テレビ放送で「魅力的な女性」のカットを減らすように要請...】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/07/11(水) 05:23:22.77

    7/11(水) 4:53配信
    フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が10日に行われ、フランス代表とベルギー代表が対戦した。


     フランスは準々決勝のウルグアイ戦からスタメンを1名変更。出場停止のブレーズ・マテュイディが復帰した。対するベルギーはここまで4試合に先発フル出場中だったトーマス・ムニエが出場停止。ナセル・シャドリが守備時は右サイドバックに入り、攻撃時には高い位置を取る変則的なフォーメーションで臨む。

     フランスはキリアン・ムバッペ、ベルギーはエデン・アザールと左サイドを主戦場とする両チームの10番を起点にチャンスを作るも得点は生まれず。スコアレスで前半を折り返す。

     後半立ち上がりの51分、アントワーヌ・グリーズマンのCKからニアサイドに走り込んだサミュエル・ユムティティが頭で決めて、フランスが先制に成功する。ベルギーはドリース・メルテンス、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ミシー・バチュアイと攻撃的な選手を続々投入し攻勢を強めるが、最後までGKウーゴ・ロリスが守るゴールをこじ開けることができなかった。

     試合は1-0で終了。フランスが2006年ドイツW杯以来3大会ぶりの決勝に駒を進め、ベルギーは3位決定戦に回ることとなった。対戦相手は11日(水)27時から行われるイングランド代表対クロアチア代表の一戦で決定。決勝戦は15日(日)24時、3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

    【スコア】
    フランス代表 1-0 ベルギー代表

    【得点者】
    1-0 51分 サミュエル・ユムティティ(フランス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00791713-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2018/07/11(水) 04:54:42.41
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531253126/


    【【サッカー】フランスが3大会ぶりの決勝へ! ユムティティの決勝弾でベルギーを下す★3】の続きを読む



    (出典 hanashitaikoto.xyz)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/07/08(日) 05:25:03.261

    はい
    ※前スレ
    【実況】ロシア×クロアチア【ロシアW杯】
    http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1530985297/


    【【実況】ロシア×クロアチア【ロシアW杯】】の続きを読む



    (出典 yot-portfolio.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/07(土) 17:34:10.43

    クリンスマン氏、日本代表監督就任を否定。「噂は事実ではない」とツイート
    7/7(土) 17:22配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00280376-footballc-socc

    ドイツ代表やアメリカ代表の元監督であるユルゲン・クリンスマン氏は、日本代表の次期監督に就任する可能性が高まっているとの報道に対し、SNSで否定のコメントを投稿している。

    日本代表はロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦でベルギー代表に敗れて大会を終えた。大会2ヶ月前に急遽就任した西野朗監督は続投の意志がないことを明確にしており、当初の予定通り7月末の契約満了をもって退任することになる。

    2022年カタールワールドカップを目指す新監督には、クリンスマン氏の就任が濃厚だとも報じられている。だが同氏は7日にツイッターの公式アカウントでこの噂を否定。「モスクワからこんにちは。明確にしておきたいが、日本代表を指揮するという噂は事実ではない」と投稿している。

    現役時代にドイツ代表ストライカーとして活躍したクリンスマン氏は、2004年から06年まで同国代表監督を務め、母国開催のワールドカップで3位の成績を残した。その後バイエルン・ミュンヘンの監督を経て、2011年から16年まではアメリカ代表監督を務めた。


    【【悲報】クリンスマン氏、日本代表監督就任を否定。「噂は事実ではない」とツイート】の続きを読む

    このページのトップヘ