時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: サッカー



    (出典 i.huffpost.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/05/18(金) 13:30:34.88

    5/18(金) 13:01配信
    “最終選考”ガーナ戦の日本代表メンバー発表! 本田、香川ら27名、岡崎も復帰

     日本サッカー協会(JFA)は18日、今月30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。

     西野朗新監督就任後、初の実戦を迎える日本代表。試合翌日には2018 FIFAワールドカップロシアの登録メンバー23名の発表を予定しており、今回のガーナ戦は最終選考の場となる。

     発表されたメンバーは以下のとおり。

    ■GK
    川島永嗣(FCメス/フランス)
    東口順昭(ガンバ大阪)
    中村航輔(柏レイソル)

    ■DF
    長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    槙野智章(浦和レッズ)
    吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    酒井高徳(ハンブルガーSV)
    昌子源(鹿島アントラーズ)
    遠藤航(浦和レッズ)
    植田直通(鹿島アントラーズ)

    ■MF
    長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
    青山敏弘(サンフレッチェ広島)
    本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
    乾貴士(エイバル/スペイン)
    香川真司(ドルトムント/ドイツ)
    山口蛍(セレッソ大阪)
    原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
    宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
    柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    大島僚太(川崎フロンターレ)
    三竿健斗(鹿島アントラーズ)
    井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)

    ■FW
    岡崎慎司(レスター/イングランド)
    大迫勇也(ケルン→ブレーメン/ドイツ)
    武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
    浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00759707-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2018/05/18(金) 13:03:57.38
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526616237/


    【【サッカー】ガーナ戦の代表メンバー発表 本田、香川、岡崎招集 、中島と久保は外れる ★2 】の続きを読む



    (出典 soccerking.s3.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2018/05/01(火) 05:27:17.02

    プレーオフ(PO)進出を逃し、早々とシーズン全日程が終了したパチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けJリーグのクラブで調整を進める可能性があることが4月30日、分かった。

    日本協会が本田のコンディション維持にJクラブへの練習参加が可能かを検討している。実現すれば本田にとって名古屋在籍時の07年以来11年ぶり、まさかの“J復帰”となる。
                     ◇    ◇    ◇

     本田がJリーグに戻ってくる可能性が浮上した。8位までのPO進出を争ったライバルが勝ち点を伸ばしパチューカは圏外9位に転落。早々とシーズンが終了した。自身3大会連続のW杯出場、「集大成」と語るロシア行きへ、所属クラブで実戦も練習もこなせない苦境に追い込まれた。

     W杯に向けた日本代表は21日に東京近郊で始動する見込み。本田が招集されるかは西野監督の決断次第で、一切の保証はない。ただ3週間の空白は長すぎる。日本協会は出場機会のない井手口、浅野らについてクラブとより密に連絡を取り合うなど、候補選手の状態をずっと気に掛けている。本田も同様で、この期間をよりレベルが高く実戦的メニューもこなせるJリーグクラブに練習参加させてもらい、コンディション維持するプランを検討している。

     個人での自主練習には限界がある。昨年7月もACミランを退団しフリーの立場だった本田は実戦感覚を養うため、米MLS下部のオレンジカウンティSCに練習参加。その後パチューカに電撃移籍した。オレンジカウンティには現在経営参画しており、加えて事実上のオーナーでもあるオーストリア3部のSVホルンなど練習参加の候補チームは海外にも複数あるが、日本協会の関係者は「よりレベルの高いJクラブがいいだろう」と話す。

     受け入れ先クラブの選定は、過密日程の先方の意向もありこれからとなるが、日本協会のスタッフが訪問しやすい関東のクラブや、本田自身が縁のある名古屋、G大阪など候補は幾つもありそうだ。

    このウルトラCプランを裏付けるように、本田は近日中に帰国するという。4月27日には自身の公式ツイッターで事実上のパチューカ退団宣言をした。去就が注目される大物の、まさかの“J復帰”がありそうな気配だ。

    5/1(火) 4:58配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00195061-nksports-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】<本田圭佑>2007年以来11年ぶりのまさかの“Jリーグ復帰” 】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/04/27(金) 16:46:36.57

    4/27(金) 16:40配信
    デイリースポーツ

     日本代表監督解任について語るハリルホジッチ氏=日本プレスセンター

     サッカー前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。昨年、W杯本大会出場を決めたホームでのオーストラリア戦の後に、2人の選手が試合に出られなかったことを理由に落胆していたと明かした。

     日本はオーストラリアをホームで浅野拓磨と井手口陽介のゴールで2-0で快勝。W杯予選でオーストラリアに勝つのは史上初めてだったため、ハリル氏は「歴史的」と振り返った。

     しかし、その後のチームの様子について口を開いた。

     「オーストラリア戦の後ですら、2人の選手ががっかりしていた。試合に出られなかったということでがっかりしていた。(その選手は)その前何度も試合に出ていたわけです。それでがっかりしていること自体、悲しく思いました」

     ハリル氏は、若手を起用したことへの報道陣や世論の反響を「若い選手を起用するじゃないか、という皆さんのパニクりぶり」と皮肉を交えて振り返る場面もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000096-dal-socc


    【【サッカー】ハリル氏「2人の選手」に苦言 W杯決定後「試合に出られずがっかりしていた。悲しく思いました」 】の続きを読む



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 数の子 ★ :2018/03/20(火) 23:48:49.81

    グループHの本命はポーランドと予想
     ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕まで3カ月を切ったなか、今週と来週の国際Aマッチウィークを利用して各国が国際親善試合を行う予定となっている。そんななか英スポーツメディア「101 Great Goals」は、日本代表が入ったグループHの各国を紹介するとともに、グループステージの勝敗予想をしている。

     グループHには日本代表の他に、3大会ぶりに本戦へと出場するポーランド代表、2002年の日韓W杯以来の出場となるセネガル代表、そして前回大会で日本に勝利しているコロンビア代表が入っている。優勝経験のない4カ国が入ったグループHは、6試合すべてでエキサイティングな試合が行われるはずだとレポートされている。

     記事内で、グループHで最も本命に近い存在とされたのはポーランドだ。予選での活躍を評価するとともに、攻撃と守備に存在感のある選手がいることが大きいとしている。欧州トップリーグでプレーしている選手たちが大半を占めるなか、キーマンに挙げているのがバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキだ。エースとして91試合で51ゴールを挙げ、同国代表の最多得点記録を更新し続けるストライカーは、W杯でもゴールデンブーツ(大会得点王)の候補になるとされている。

     また、セネガルは有望な若手を有しており、リバプールのFWサディオ・マネがトップフォームを取り戻せば非常に強烈な力を発揮できるだろうと評価している。

     一方、コロンビアについてはバルセロナのDFジェリー・ミナなど若手DFが出てきたことを評価。バイエルンのMFハメス・ロドリゲス、FWラダメル・ファルカオらが活躍することができれば、グループステージを突破できるだろうとしている。

    GK川島は「信頼できる選手」と称賛
     そして日本に関しては、予選10試合で4度のクリーンシートを達成したことを挙げ、メスに所属するGK川島永嗣を「信頼できる選手」だと称賛している。

     またキーマンとなる選手にはデュッセルドルフのFW原口元気やレスター・シティのFW岡崎慎司らを挙げた。攻撃のオプションに関してはW杯に出場するチームでは最高のものではないが、グループステージを突破するチャンスを持っていると評価している。

     ただ、記事内の最後では「セネガルと日本は不利な立場に立たされている」と日本は3連敗で最下位という予想になっている。この低評価を払拭するほどの結果を、ハリルジャパンはロシアの地で手にすることができるだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010019-soccermzw-socc


    【【サッカー】日本代表は無念の3連敗!? 英メディアがW杯グループHの“4カ国紹介”&“勝敗予想” 】の続きを読む



    (出典 omi1499.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/19(月) 16:13:42.10

    【C大阪】清武、右ふくらはぎ負傷で全治6週間…W杯は絶望的か
    2018年2月19日15時33分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180219-OHT1T50101.html

    セレッソ大阪のMF清武弘嗣

    (出典 www.hochi.co.jp)


    C大阪は19日、MF清武弘嗣(28)が、右腓腹(ひふく)筋筋損傷で全治6週間と診断されたと発表した。18日のトレーニング中に負傷した。

    10日に行われた富士ゼロックス・スーパー杯(対川崎、埼玉)や14日に行われたアウェーでのACL初戦(対済州、済州)では、左のサイドハーフで先発出場していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。

    清武は昨季も左太ももなどの故障に幾度となく悩まされた。日本代表が3月下旬に予定している欧州遠征への参加は絶望的で、6月に行われるロシアW杯での日本代表選出も厳しい状況になった。


    【【悲報】C大阪:清武、右ふくらはぎ負傷で全治6週間…W杯は絶望的か[18/02/19] 】の続きを読む

    このページのトップヘ