時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 動物



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ばーど ★ :2017/12/14(木) 15:44:25.97

    ※ソース先に動画あります
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/121200482/ph_thumb.jpg

     夏の終わり、写真家ポール・ニックレン氏と環境保護団体「シーレガシー」の映像製作者らは、カナダ北東部のバフィン島で胸が張り裂けるような光景に遭遇した。飢えて死に向かいつつあるホッキョクグマに出会ったのだ。

     ニックレン氏にとって、クマはなじみ深い存在だ。カナダの北極圏で育ち、生物学者を経て野生動物の写真家に転身した同氏は、これまで3000頭を超す野生のクマを見てきた。しかし、12月に彼がソーシャルメディアに投稿した、やせ衰えたホッキョクグマの姿は、これまでに見た最も辛い光景のひとつだった。

    「私たちは泣きながらその場に立ち尽くしました。撮影している間、涙が頬を伝っていました」と語っている。

     動画は、ホッキョクグマが必死で生きる姿を映し出している。やせて骨張った体を白い毛が弱々しく覆っている。片方の後ろ足を引きずって歩いているのは、筋肉が萎縮しているせいだろう。クマは食べ物を求めて、近くにあったごみ箱を漁る。イヌイットの漁師が特定の季節に使うごみ箱だ。だが何も見つからず、あきらめて再び地面に倒れ込む。

     この場面を投稿すると、見た人からはなぜ助けてやらなかったのかとの声が上がった。「もちろん、それも考えました」とニックレン氏。「しかし、私は麻酔銃や200キロのアザラシの肉を持って歩いているわけではありません」

     それにもしそうしたとしても、このクマの苦痛を長引かせるだけだっただろうと言う。また、カナダでは野生のホッキョクグマに餌を与えることは違法である。

     追い詰められ、ゆっくりと*でいくクマを撮影したのは、その死を無駄にしたくなかったからだとニックレン氏は話す。

    「科学者は、ホッキョクグマが絶滅するだろうと言っています。それがどういうことか、人びとに実感してもらいたい。これが飢えたクマの姿なのです」

    ■気候変動との関連

     ニックレン氏は1頭のホッキョクグマのストーリーを語ることで、温暖化がどのように結果をもたらすのかという、より大きなメッセージを伝えたいと考えている。

     ホッキョクグマは、図らずも気候変動の影響を象徴するマスコットとして扱われている。北極地方にのみ生息するため、温暖化や海面上昇の影響を真っ先に受けてしまうからだ。

     ホッキョクグマは、海氷の上にいるアザラシの群れを襲って食べる。夏の間は何カ月も食べられないまま、海が凍るのを待つことも珍しくない。

     2002年の世界自然保護基金(WWF)の報告では、気候変動がやがてホッキョクグマを危険にさらし、あるいは絶滅に追い込む可能性があると予想している。当時でさえ、ホッキョクグマが陸上で過ごす期間が長くなっており、絶食期が延びて健康が損なわれていると報告されている。夏の終わりには、WWFが調査した個体のほとんどが飢餓の兆候を示していた。

     15年後の現在、ホッキョクグマのエサ探しの場となる海氷の状態はさらに悪化している。米国の雪氷データセンター(NSIDC)は毎年海氷の観測を行っているが、その面積は年々最低記録を更新しているという。

     先頃科学誌「Biosciences」で発表された研究は、気候科学にしばしば疑いの目が向けられるのはどのような仕組みによるのかを調べている。この研究によれば、気候変動否定論者はホッキョクグマが直面している脅威を疑うことで、気候変動を軽視することができるのだという。

     しかし、昨年ヨーロッパ地球科学連合(EGU)が発表した研究や今年の米国地質調査所(USGS)による研究は、海氷の融解がホッキョクグマの存続にかかわる脅威であり続けていることを確認している。文=Sarah Gibbens/訳=山内百合子

    配信2017.12.12
    National Geographic
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/121200482/


    【【地球温暖化】餓死寸前のホッキョクグマ 胸張り裂ける動画 】の続きを読む



    (出典 kawaii9.com)



    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2017/08/21(月) 15:30:24.96 ID:CAP_USER.net

    6月に上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんは生後2カ月を過ぎ、順調に育っている。上野の街をはじめとする日本国内ではパンダブームが起きている。

    赤ちゃんを含めて、日本で飼育されているパンダは中国からの「レンタル」扱いなのだが、そんなことは関係ない。日本人はパンダという生き物が好きなのだ。

    中国メディア・今日頭条は20日「これこそ本当の愛! 日本でパンダの名前を募集したら32万件の応募があった」とする記事を掲載した。記事は上野動物園が先日、赤ちゃんパンダの名前を募集したところ7月28日から8月10日までの2週間で32万件の応募があったと発表したことを紹介した。

    同園によると、今後中国側との協議も経て赤ちゃんが生誕100日目を迎える9月下旬に名前を発表する予定だという。

    記事は、日本で5年ぶりにパンダが生まれたこともあって、各大手メディアがトップニュースで誕生を報じるとともに、日本政府も喜びを示したほか、ネット上もお祝いのメッセージで埋め尽くされたと紹介。

    また、「中国のパンダに対する日本人の愛は骨髄まで染み渡っている」とし、同園付近の街頭では至るところでパンダ関連の物を見かけることができると伝えた。

    その例として、地下鉄銀座線上野駅改札付近に出現した「パンダペッパー」ロボットや、JR上野駅内の商業施設で売られている様々なパンダグッズ、同園入口に設置されたパンダポスト、JR上野駅と上野公園を結ぶ「パンダ橋」や、「パンダ石」の石碑などを挙げた。

    また、JR西日本では今月よりパンダ特急列車を運行していること、SNS上ではクッキーやシュークリーム、カレーなど様々なパンダにちなんだ食べ物の書き込みがあることも紹介している。

    記事が紹介した日本人のパンダ愛に対し、中国のネットユーザーからも「日本人のパンダ愛は本物だと言わざるを得ない」との声が出た。

    あるユーザーは「本当は動物はみんな地球のもの。どこの国ものでもない。全人類がしっかり動物を愛護しようじゃないか」とコメント。まさにその通りだろう。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1642324?page=1


    (出典 image.searchina.net)

    (イメージ写真提供:123RF)


    【【中国メディア】赤ちゃんの名前募集に2週間で32万件! 日本人は本当にパンダを愛している![8/21]】の続きを読む



    (出典 konekoinu.up.seesaa.net)



    1 ばーど ★ :2017/08/21(月) 01:14:09.87 ID:CAP_USER9.net

    フェイスブックに掲載されて飼い主が見つかったてんてんの写真=大垣市木戸町、養老鉄道西大垣駅

    (出典 www.gifu-np.co.jp)


    ◆養老鉄道乗り込み、保護される SNSで情報拡散

     先月末に養老鉄道の車内に乗り込み、西大垣駅(岐阜県大垣市木戸町)で保護された迷い猫が、同鉄道のフェイスブックを見て連絡してきた飼い主の同市の家族の元へ約4年ぶりに帰ることができた。飼い主の女性は「探しても見つからず諦めていたが、優しい人たちに会えたのが良かった」と喜んでいる。

     同鉄道では、貸し切り列車内で、保健所などから引き取り殺処分を免れた子猫と触れ合うイベント「ねこカフェ列車」を9月に開催するため準備を進めていたところだった。イベントに協力する、子猫保護と里親探しの団体「こねこカフェサンクチュアリ」(各務原市)と、動物保護活動支援団体「KAM(かむ)」(揖斐郡池田町)に相談すると、KAMが一時的に迷い猫を預かってくれた。

     猫は、白色の8歳の雄「てんてん」。大垣市内の女性の実家で飼われていたが、外でけんかをしてしばらくすると出て行ってしまったという。女性は今月初め、フェイスブックで記事を発見。腕にある傷痕などから、てんてんと確認した。記事は同鉄道職員が飼い主の情報提供を呼び掛けたものが拡散し、女性は見つけることができた。

     同鉄道総務企画課の村上慶晃課長は「ねこカフェ列車の運行前に猫が乗ってくるとは縁を感じた」と不思議がり、KAM代表の藤原麻里子さん(36)は「猫が電車に乗ったという珍しさもあって記事が拡散し、早く飼い主が見つかったのでは」と話している。

     ねこカフェ列車(受付は終了)は9月10日に運行される。運行に合わせて、池野駅(揖斐郡池田町池野)周辺では「保護猫チャリティーイベント ハピねこトレイン」が開かれる。猫の保護活動の紹介や、紙芝居などのステージイベント、猫グッズの販売などがある。

    2017年08月20日08:34
    岐阜新聞
    http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170820/201708200834_30310.shtml


    【【ネコ/岐阜】迷い猫、4年ぶり家へ 養老鉄道乗り込み、保護される SNSで情報拡散】の続きを読む



    (出典 farm3.static.flickr.com)



    1 すらいむ ★ :2017/08/17(木) 17:00:54.22 ID:CAP_USER9.net

    浜辺に迷い込んだ赤ちゃんイルカ、海水浴客が*せる スペイン

    【AFP=時事】スペイン南東部モハカル(Mojacar)の海水浴場で、浜辺に現れたイルカを海水浴客らがもてあそび、写真を撮っているうちに*せてしまう出来事があった。
     交流サイト(SNS)上では16日の時点で、動物愛好家らが怒りの声を上げている。

     クジラとイルカの保護団体エクイナク(Equinac)によると、この出来事が起きたのは12日。
     海水浴客らは浅瀬でイルカを触るうちに、気づかずに噴気孔をふさいでいたほか、水から引き上げて写真を撮影していた。
     こうした行為がイルカに過度のストレスを与え、死につながったとみられる。

     同団体によれば、このイルカが海岸に現れた理由としては、母親からはぐれたことや、病気にかかっていたことが考えられる。
     母親からはぐれたのであれば、いずれにせよ生き延びることは難しかったという。

     この事態を受け、ツイッター(Twitter)上では怒りの声が上がっている。
     また、動物の権利を主張する政党「PACMA」はフェイスブック(Facebook)に、今回のイルカの死は「海水浴客によるハラスメント」だと投稿。
     4800件余りの「いいね!」が集まっている。

    AFPBB News 2017年8月17日 10時8分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13483297/


    【【海外】浜辺に迷い込んだ赤ちゃんイルカ、海水浴客がもてあそび写真を撮っているうちに死なせる スペイン】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 和三盆 ★ :2017/08/16(水) 07:50:47.17 ID:CAP_USER9.net

    2017年08月16日 07時31分
     岡山県玉野市の渋川動物公園で今月1日朝から、飼育しているアルダブラゾウガメの「アブー」(メス、推定35歳)が行方不明になっている。

    同園は発見・保護した人に50万円の懸賞金を支払うと発表した。

     アブーは体長約1メートル、体重55キロ。開園準備中に逃げ出し、園外の道路を歩く姿が園の防犯カメラに映っていた。同園の職員らが周辺の山中や道路を捜しているが、フンさえ見つかっていない。

     同園によると、暑い時は日陰にいる可能性が高く、動かない時は灰色の岩のように見えるという。担当者は「早く会いたい。どんな情報でも寄せてほしい」と話している。情報提供は同園

    http://yomiuri.co.jp/national/20170816-OYT1T50014.html

    (出典 yomiuri.co.jp)


    【関連スレ】
    【岡山】脱走したゾウガメの「アブー」はどこへ… 玉野・渋川動物公園、捜索続く
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502468399/


    【【岡山で懸賞金50万円】玉野市の渋川動物公園、脱走した「ゾウガメ」探して】の続きを読む

    このページのトップヘ