時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 祭り



    1 紅あずま ★ :2017/11/02(木) 23:46:20.81

    航空祭を前にブルーインパルスが飛行訓練 入間基地
    産經新聞:2017.11.2 19:37更新
    http://www.sankei.com/photo/story/news/171102/sty1711020017-n1.html


    (出典 www.sankei.com)

     緊張した表情で飛行を待つ「ブルー」のパイロット=2日午後、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)


    (出典 www.sankei.com)

     スモークを曳きながら見事な編隊を組む=2日午後、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)
    (すべての写真は掲載元でどうぞ)


     埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地で開催される航空祭を前に、2日、航空自衛隊松島基地所属の「ブルーインパルス」(宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」)が曲技飛行の事前訓練を行った。

     1番機がスタート前にトラブルに見舞われ、急遽予備機を使っての訓練となったほか、周辺空域を飛行する航空機の影響でプログラムは大幅に縮小されたが、大空に白いスモークで描く見事な演目や、ダイナミックなソロ演技に招待された関係者から歓声があがった。

     基地周辺には訓練の情報を知った熱心なファンらがつめかけ、フェンス越しに編隊で離陸する機体や、一糸乱れぬフォーメーションにカメラを向けていた。

     入間航空祭は、3日午前9時から。西武池袋線稲荷山公園駅か西武新宿線狭山市駅下車。入場無料。



    (出典 www.sankei.com)

     編隊で離陸するブルーインパルスのT-4=2日午後、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)


    (出典 www.sankei.com)

     青空に描くスモーク。「フェニックスループ」=2日午後、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地(酒巻俊介撮影)


    【【航空祭】ブルーインパルス、明日の本番前に飛行訓練 埼玉・自衛隊入間基地 [11/03] 】の続きを読む



    1 らむちゃん ★ :2017/10/28(土) 20:37:29.75

    モデルプレス 2017年10月28日 18時41分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13814263/

    【ハロウィン/モデルプレス=10月28日】31日にハロウィン当日を控え、週末の28日、早くも東京・渋谷にはハロウィンを楽しもうという若者たちが集結。渋谷駅前はパニックと化している。

    【さらに写真を見る】渋谷スクランブル交差点、すでに警察官が厳戒態勢

    今年は31日が平日火曜日とあって、金曜の夜からフライング気味の盛り上がり。あいにくの雨となったが、JR渋谷駅前からスクランブル交差点、センター街にかけて人が溢れかえっており、18時現在、すでに真っ直ぐ歩くのもままならないような状態だ。

    ◆今年も状況に応じて歩行者天国に

    警視庁では、昨年から駅前のスクランブル交差点付近から道玄坂下交差点で分岐する2区間で車両の流入を規制し、歩行者に開放する交通規制を導入。今年も31日まで各所でイベントが行われることから、混雑状況に応じて歩行者天国を実施する予定。

    スクランブル交差点では、18時時点ですでに複数の警察官が配備され、歩行者の誘導を行っているほか、機動隊のバスで壁を構築し、車両突入テロ防止対策を徹底。

    さらに、今年は外国人観光客に注意を促す“英語版DJポリス”も配置するとしている。


    ◆更衣室&仮設トイレの設置は31日のみなので注意

    渋谷区も、ごみの大量散在対策として臨時エコステーション(27~31日)を設置。31日にかぎり、フィッティング&メイクルーム、仮設トイレを設置する


    【【渋谷】ハロウィン渋谷大パニック、厳戒態勢で笛鳴り響く 】の続きを読む



    (出典 kitahamarumba.com)



    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2017/07/24(月) 11:10:22.64 ID:CAP_USER9.net

    水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が24日朝、市中心部を流れる堂島川のほとりで、古式ゆかしき鉾流神事とともに幕を開けた。

     951年に始まった天神祭では当初、天満宮近くの浜から川に鉾を流し、流れ着いた場所に菅原道真の御神霊を祭った。この際、御神霊を乗せた船を、人々が多くの船で出迎えたのが、天神祭で行われる船渡御の起源とされる。

     この日の神事には神職や氏子の代表ら約100人が参列。みこの舞などに続き、神職を乗せた斎船が川にこぎ出した。川の中ほどで、天満宮の地元から選ばれた神童が草で編んだこもに巻いた白木の神鉾を流し、宵宮から2日間にわたる天神祭が開幕した。

     25日の本宮では、御神霊を乗せた御鳳輦がみこしで街を練り歩く陸渡御、堂島川上流の大川で御鳳輦船を中心に約100隻の船による船渡御が行われ、川辺から打ち上げられる奉納花火でクライマックスを迎える。


    http://www.sankei.com/west/news/170724/wst1707240030-n1.html
    2017.7.24 10:40
    http://www.sankei.com/west/photos/170724/wst1707240030-p1.html
    堂島川で行われた、天神祭の鉾流神事 =24日午前、大阪市


    【話題【水の都】大阪に夏本番告げる「天神祭」、古式ゆかしい神事で開幕 25日には船渡御や奉納花火】の続きを読む

    このページのトップヘ